引っ越し先の道が狭いけどアート引越センターは荷物を運んでくれるの?

アート引越センターの基礎知識

「引っ越し先の道路が狭いんだけどトラックって通れるのかな?」

何て疑問はありませんか?

引っ越しの際には大きなトラックで運送をする場合があります。

もしその大きなトラックが道路を通ることができない、またはトラックを引っ越し先の目の前に止めることができなければどうなるのでしょうか。

結論から言うと、アート引越センターは道が狭くても荷物を運んでくれます

しかし、注意点もあります。

この記事では、

  • アート引越センターのトラックの種類と必要な道幅
  • 道幅が狭くてトラックが通れない場合はどうするのか
  • ピストン輸送やトラック2台に分けての引越しだと費用はどうなるのか

などについて詳しく解説します。

アート引越センターで引っ越しを予定している方は是非、ご覧ください。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引っ越しのためにある引越し業者に見積もりを取ったら73,300円でした。

高いんじゃないかと思ってスーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)で試しに調べてみたら42,000円の業者を見つけることができました。

あやうく31,300円も損するところだったんです。

複数の業者に見積もりを取ることで安い業者を見つけることができました。

見積もりの手間を省くなら「スーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)」が便利です。

利用時間は1分程度で利用料は無料になります。

スーモは電話登録がありませんので迷惑電話がかかってくることはありません

引越し料金で損したくない方は是非こちらをご覧ください。

あなたに合った最安値の引越し業者を調べてみる(無料)

アート引越センターは道が狭くても荷物を運んでくれる

アート引越センターでは引越先の道が狭くても荷物を運んでもらうことができます。

通常道路幅が十分に取れる場合は引越先の前にトラックをつけて可能な限り最短距離で運び入れができるようにします。

しかし道が狭い場合は引越先の近くにトラックをつけることができないケースも多々あります。

その場合は道幅に合わせたトラック配車や少し離れたところにトラックを停めるなどの対応をします。

どれくらい道幅があればいいの?

引越をするときにマンションなどの場合はトラックが通れる道幅があり、大型トラックが停めることができる駐車場があれば問題ありません。

しかし駐車場がなく道路に止める場合は以下の目安で道幅が必要になってきます。

  1. 大型車でも余裕ですれ違うことができることができる道幅
  2. トラックと乗用車がすれ違うことができる道幅

これらの道幅が基本的には必要になってきます。

それより幅が狭い場合は状況に応じて対応が変わってきます。

トラックだけ通れる道幅の時はどうするの?

トラックが通らない道幅ではないですが、トラックと人がすれ違うことができる程度の道幅の場合もあります。

そのような場合は引越先に駐車場があるかどうかで対応が変わってきます。

トラックを道路に停めたとしても他の車が通れなくなってしまい、作業中に近隣の方に迷惑をかけてしまう可能性が高くなってしまいます。

アート引越センターのトラックの種類と必要な道幅

アート引越センターでは複数の大きさのトラックが用意されております。

トラックの種類に応じた道幅と必要な道路幅をまとめました。

トラックの大きさ(全長×幅) 必要な道路幅
軽トラック 4.7m×1.7m 3.2m
2トン 5m×1.9m 3.4m
2トンロング 6.3m×1.9m 3.4m
3トン 7.4m×2.2m 3.7m
4トン 9.7m×2.5m 4m

このように最低限必要な道路幅はトラックの幅プラス、普通車が通れる道路幅があることが理想です。

また3トンや4トントラックの場合は全長が長いため、道路幅が狭いとカーブができなくなってしまうので周辺の道路幅も確認する必要があります。

道路幅は自分で全部調べる必要がある?

結論からお伝えすると引越し先の道路幅を自分で調べる必要はありません。

内見に行った際に大体の道路幅を把握しておけば問題がないでしょう。

また集合住宅であればトラックを停める事ができる駐車場があるかどうかだけ確認をしておきましょう。

周辺の道路環境に関しては引越業者が地図を確認しながら道路幅を確認してくれるので、手配するトラックの判断は業者が行ってくれます。

道幅が狭くてトラックが通れない場合はどうするの?

では道幅が狭くてトラックが通れない場合は具体的にどんな方法を取って引越をするのかをお話ししていきます。

道幅が狭い場合は大きく4つの方法で対応をしていきます。

  • 小さいトラックを2台手配する
  • 小さいトラックで往復をする
  • 大きなトラックで運び、途中で小さなトラックに積み替える
  • 引越先から離れたところに駐車し搬入をする

このような方法で対応し、周辺環境や引越距離によって対応が変わってきます。

どのような方法で実施をするのかは引越業者の方が決めるので見積もり時に確認をするようにしましょう。

道幅が狭いパターンとして大きく2つに分けられます。

  • 引越先の目の前の道幅が狭い場合
  • 引越先までの道幅が狭い場合

これらによって引越業者の対応も変化していきます。ではそれぞれのパターンでどんな対応をしていくのか解説していきます。

引越先の目の前の道幅が狭い場合

通常の引越では引越先の目の前にトラックをつけて作業を行います。

しかし戸建てが密集している地域では引越先の目の前の道幅が狭く、家の前にトラックを付けれない場合があります。

その時の対応は道幅がある少し離れた場所に駐車し運び入れるようになります。

引越先の目の前のみで距離が数十メートル離れておらず、人力でも重い荷物を運べる距離であれば少し離れた場所から搬入をしてくれます。

引越先までの道幅が狭い場合

集合住宅地などの場合引越先までの道幅が広く、大きなトラックでは引越先にたどり着けない場合もあるでしょう。

その場合は道幅に応じて小さいトラックの手配をしていきます。

  • 小さいトラックで往復をする
  • 初めから小さいトラックを複数台手配する
  • 初めは大きなトラックで運び、途中から小さなトラックに積み替える

これらは引越業者の空きトラックの状況や引越距離によって対応方法が変わってきます。

可能な限り効率よく引越が完了する様にアートの営業の方は考えて提案をしてくれます。

ピストン輸送やトラック2台に分けての引越しだと費用はどうなる?

結論からお伝えするとトラックを複数台手配する引越や小さなトラックで往復で引越をする場合、費用は高くなってしまいます。

稼働するトラック分の料金や人件費がかかってしまうので料金は通常の引越をする場合に対して高くなってしまいます。

輸送方法によって料金も変わってきますのでどのような方法になるかは見積もり時に確認をするようにしましょう。

ピストン輸送の場合は1.3倍~2倍程度の料金

1台のトラックで往復をするピストン輸送輸送の場合は通常の引越料金の1.3倍から2倍程度の料金になってきます。

これは荷物量と距離によって大きく異なってきます。引越料金はトラックの大きさと距離・人件費で料金が変わってきます。

荷物の量が少なく、距離も近い場合は往復をしたとしても時間がかからないため料金も大きく変わらないでしょう。

しかし荷物が多く何度も往復する必要がある場合や距離がやや遠く時間がかかる場合は料金が高くなってしまいます。

トラックを複数手配する場合は2倍以上の料金になることもある

距離が遠く往復ができない場合や業者のトラックに空きがある場合はトラックを複数台手配して運ぶ方法をとります。

  • 小さなトラックを複数台手配する
  • 大きなトラックで途中まで運び、近くで小さなトラックに積み替えて運ぶ

このような方法の場合はトラックの車両代金と運転手が増え、人件費がプラスでかかってくるためピストン輸送をする時よりも価格が高くなる傾向があります。

料金はシーズンやトラックの空き状況によっても変わってくる

ピストン輸送やトラックを複数台手配しての引越をする場合の料金はシーズンやトラックの空き状況によっても大きく変わってきます。

閑散期であれば元々の引越料金が安いことやトラックの空きがあるため料金が上がったとしても数万円程度のプラスで済みます。

しかし繁忙期になると元々の料金が高いことやトラックの空きがない可能性があるので料金が10万円単位で上がってしまう可能性があります。

どの手配方法になるかは引越業者のトラックの空き状況で変わってきてしまうので見積もり時に確認をするようにしましょう。

まとめ

アート引越センターでは道が狭くて大きなトラック1台で運ぶ事ができない場合は、往復での輸送や小さなトラックを複数台手配して運ぶ方法で引越をしてくれます。

この記事の内容をまとめると

  • 道幅が狭いとトラックが入れないことや近隣住民の方に迷惑がかかるので道路幅の確認が必要になる
  • 道路幅が狭い場合、ピストン輸送や複数台での輸送が必要になってくる
  • 輸送方法や引越距離・シーズンに応じて料金が大きく変わってくる

アート引越センターでは引越先に合わせた最適な輸送方法を提案してくれます。

料金面ではかなり高くなってしまう可能性がありますので、不安な部分があれば必ず見積もり時に伝えて相談をするようにしましょう。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引っ越しのためにある引越し業者に見積もりを取ったら73,300円でした。

高いんじゃないかと思ってスーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)で試しに調べてみたら42,000円の業者を見つけることができました。

あやうく31,300円も損するところだったんです。

複数の業者に見積もりを取ることで安い業者を見つけることができました。

見積もりの手間を省くなら「スーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)」が便利です。

利用時間は1分程度で利用料は無料になります。

スーモは電話登録がありませんので迷惑電話がかかってくることはありません

引越し料金で損したくない方は是非こちらをご覧ください。

あなたに合った最安値の引越し業者を調べてみる(無料)

コメント