アート引越センターは洗濯機の水抜きもしてくれるの?

「引っ越しを予定しているけど洗濯機の水抜きはどうしたらいいんだろう?」

なんて疑問はありませんか?

引っ越しの際、洗濯機の水抜きが必要になります。

アート引越センターは代わりに水抜きをしてくれるのでしょうか?

結論から言うと、アート引越センターでは洗濯機の水抜きをしてくれます

しかし、注意点もあります。

この記事では、

  • 洗濯機の水抜きをしてもらう時には料金がかかるのか
  • 自分で水抜きをする方法
  • ドラム式洗濯機の水抜きをする場合

などについて詳しく解説します。

アート引越センターで引っ越しを予定している方は是非、ご覧ください。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引っ越しのためにある引越し業者に見積もりを取ったら73,300円でした。

高いんじゃないかと思ってスーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)で試しに調べてみたら42,000円の業者を見つけることができました。

あやうく31,300円も損するところだったんです。

複数の業者に見積もりを取ることで安い業者を見つけることができました。

見積もりの手間を省くなら「スーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)」が便利です。

利用時間は1分程度で利用料は無料になります。

スーモは電話登録がありませんので迷惑電話がかかってくることはありません

引越し料金で損したくない方は是非こちらをご覧ください。

あなたに合った最安値の引越し業者を調べてみる(無料)

アート引越センターでは洗濯機の水抜きをしてくれる

結論からお伝えをするとアート引越センターでは洗濯機の水抜きをしてくれますので基本的には自分で作業をする必要はありません。

アート引越センターでは特殊な家具や家電でなければ基本的には基本料金内で取り外しや梱包は行ってくれますので安心してお任せをしましょう。

引越当日までに行ってもらいたいことは見積もり時に営業の方から言われますので、それに従って準備をすればスムーズに引越を進めることができます。

洗濯機の水抜きって何?

洗濯機の水抜きとは洗濯機内に入っている水を取り外しをする前に抜くことです。

洗濯機には吸水口と洗濯機内に水が残ってしまっています。

その状態で給水ホースや排水ホースを抜いてしまうと中に残っている水がこぼれてしまい、家屋を汚してしまう可能性がありあます。

また洗濯機内に水が残っていると運搬中に水漏れが発生したり、故障の原因になってしまいます。

そのため洗濯機の取り外しをする前に水抜きが必要になるのです。

作業自体は10分~15分程度で終わるものになります。

洗濯機の水抜きをしてもらう時には料金がかかるの?

アート引越センターで洗濯機の水抜きをしてもらう時には料金はかかりません。

基本の作業料金内で行ってくれますのでそのままお任せをしてしまいましょう。

洗濯機に関しては取り外しは無料で行ってくれますが、取り付けに関しては専門の電気業者に依頼をするため有料になってしまうことだけ覚えておきましょう。

自分で水抜きをする方法は?

アート引越センターでは引越当日に水抜きはしてもらえますが、自分で事前に水抜きをしておくと安心です。

また引越当日の作業時間をできるだけ短くしたいのであれば自分で行っておくと良いでしょう。

アート以外の引越業者の場合水抜きをしないでそのままホースを外して搬出をする業者もあるので自分でやり方だけでも知っておくことをオススメします。

水抜きをするときに準備するもの

水抜きをする時に水が少し漏れてしまうことがあります。

以下のものを準備しておきましょう。

  1. タオル
  2. 風呂桶
  3. ドライバー

水抜きでは給水ホースと排水ホースを外すときにホースに残っている水が漏れ出てくる可能性があります。

そのためタオルや風呂桶を用意しておくことをオススメします。

また古い洗濯機の場合、給水ホースをネジで固定している場合がありますので、ネジ止めしているホースの場合はドライバーを用意しておきましょう。

ドライバーがない場合は引越当日業者に外してもらえば良いでしょう。

洗濯機の水抜きをする手順

洗濯機の水抜きをする手順を簡単にまとめると以下のようになっています。

  1. 洗濯機内を空にする
  2. 給水蛇口をしめる
  3. 洗濯機の電源を入れ標準コースで1分程度回す
  4. 止めたら給水ホースを外す
  5. 再び電源を入れ脱水を一番短い時間で行う
  6. 排水ホースを外す

以上の手順で行います。

時間にすると15分くらいで行うことができますので引越の当日に行っても問題ありません。

ドラム式洗濯機の水抜きをする場合

先ほど紹介した手順は縦型洗濯機で水抜きをする手順になっています。

最近増えてきているドラム式洗濯機の場合は以上の手順に加えて一つ手順が加わります。

それは給水ホースの水抜きが終わったら糸くずフィルターを取り外して中に溜まった水を拭き取ることです。

ドラム式洗濯機では糸くずフィルターにゴミや水が溜まっています。

多量の水が溜まっているわけではないですが、ゴミに多量の水分が付着しています。

給水ホースを外し終わったら糸くずフィルターを取り外し、ゴミを洗い流してタオルなどで拭き取って綺麗にしましょう。

ドラム式洗濯機の水抜きした後の注意点

ドラム式洗濯機の水抜きをした会っとの注意点があります。

それは水抜きをした後に各ホースをまとめることと合わせ、固定金具を準備しておくことです。

ドラム式洗濯機は中の洗濯槽を固定するために固定金具を移動させる時には取り付けをしなければなりません。

固定金具の取り付け自体は引越業者が行ってくれますので、引越当日に固定金具を用意して引越業者に渡しましょう。

ホースはダンボールにまとめておいたほうがいい?

水抜きをした後の給水ホースと排水ホースはダンボールにまとめておく必要はありません。

給水蛇口と排水口の部分だけ外しておき、本体にはホースがついた状態で構いません。

ダンボールにホースを入れてしまうと他の荷物と混同して設置の時にスムーズにできなくなってしまうので、ホースは本体についたままで問題ありません。

まとめ

アート引越センターでは引越作業時に水抜きを行ってくれますので、基本的に自分で作業をする必要はありません。

自分で梱包をする場合はこちらの記事にある手順に沿って行いましょう。

この記事の内容をまとめると

  • アート引越センターでは洗濯機の水抜きや梱包は基本料金内で行ってくれる
  • 自分で水抜きをする場合は15分程度で終わる
  • ドラム式洗濯機の場合は糸くずフィルターの水抜きと固定金具の準備を忘れないようにしよう

この記事を参考に引越の準備を進めてみてください。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引っ越しのためにある引越し業者に見積もりを取ったら73,300円でした。

高いんじゃないかと思ってスーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)で試しに調べてみたら42,000円の業者を見つけることができました。

あやうく31,300円も損するところだったんです。

複数の業者に見積もりを取ることで安い業者を見つけることができました。

見積もりの手間を省くなら「スーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)」が便利です。

利用時間は1分程度で利用料は無料になります。

スーモは電話登録がありませんので迷惑電話がかかってくることはありません

引越し料金で損したくない方は是非こちらをご覧ください。

あなたに合った最安値の引越し業者を調べてみる(無料)

コメント