アート引越センターで仏壇は運んでくれる?料金の相場は?

アート引越センターのオプションの料金

アート引越センターは、仏壇の輸送も引き受けてくれます。
ただし、仏壇を移動させる前の「精抜き」や、移動後に行う「精入れ」は、顧客が自分で行う必要があります。

精抜きが済んだ仏壇には魂が宿っていないとされるため、タンスなどの他の家具と同様に、引越し業者に運んでもらうことができます。
アート引越センターでは、仏壇の輸送の際に特別な料金はかかりません。

詳しく解説します。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引っ越しのためにある引越し業者に見積もりを取ったら73,300円でした。

高いんじゃないかと思ってスーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)で試しに調べてみたら42,000円の業者を見つけることができました。

あやうく31,300円も損するところだったんです。

複数の業者に見積もりを取ることで安い業者を見つけることができました。

見積もりの手間を省くなら「スーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)」が便利です。

利用時間は1分程度で利用料は無料になります。

スーモは電話登録がありませんので迷惑電話がかかってくることはありません

引越し料金で損したくない方は是非こちらをご覧ください。

あなたに合った最安値の引越し業者を調べてみる(無料)

アート引越センターは仏壇を丁寧に運んでくれる

アート引越センターは仏壇の輸送を引き受けています。
ただし、アート引越センターが行うのは仏壇の輸送のみです。
仏壇を移動させる際には「精抜き」や「精入れ」を行うのが一般的ですが、そうした儀式については、アート引越センターは関知しません。

アート引越センターのホームページにも、「仏壇のお引越しも承っております。お運びする際には、事前に精抜きをお願いしておりますので、菩提寺またはお近くのお寺にご相談ください」と記載されています。

アート引越センターは、仏壇をしっかりと梱包して、丁寧に運んでくれます。
また、新居での荷解きや仏壇の設置も行ってくれます。
アート引越センターは、安心して仏壇の輸送を依頼できる引越し業者です。

アート引越センターの仏壇の運送料金はいくら?

アート引越センターは、タンスなどの通常の家具と同じ扱いで仏壇を運んでくれます。
荷物に仏壇があるからといって、特別な追加料金はかかりません。

特別な追加料金はかからない

ただし、仏壇にはある程度の大きさがあるため、仏壇の有無で引越し料金が変わる場合があります。
たとえば、仏壇によって大きなサイズのトラックが必要になる場合や、大きな仏壇で搬出・搬入に人手が必要な場合は、トラックや作業員の費用が高くなります。

仏壇の輸送だけを頼んだ場合の料金は?

アート引越センターは、家財1点から輸送を引き受けています。
そのため、仏壇の輸送だけを依頼することもできます。

仏壇の輸送だけを依頼した場合の料金は、「仏壇の大きさ・輸送距離・業者の忙しさ」などによって大きく変化します。
仏壇の輸送料金の大まかな目安は、以下の通りです。

仏壇の大きさ 距離が近い場合 距離が遠い場合
小型 6,000円-10,000円程度 13,000円-20,000円程度
大型 14,000円-20,000円程度 20,000円-30,000円程度

以上の料金はあくまでも目安です。
仏壇が大きく、輸送距離が長くなれば、その分だけ費用が高くなります。
また、引越しが多い「3月・4月」は業者が忙しくなるため、料金が高額になります。

仏壇の輸送にかかる正確な料金を知りたい場合は、実際にアート引越センターに見積もりを依頼する必要があります。

仏壇を運ぶ際に必要な作法・儀式は?

仏壇を移動する際には、「精抜き」や「精入れ」の儀式を行うのが一般的です。
そうした儀式をアート引越センターは行ってくれないため、自分で手配する必要があります。

事前に「精抜き」を行う

仏壇を購入した際には、ご本尊に魂を宿す儀式である「精入れ」を行います。
「精入れ」は、「開眼供養・開眼法要・魂入れ・お性根入れ」とも呼ばれます。
仏壇は、「精入れ」を行うことで礼拝の対象になります。

移動前に精抜きを行う

仏壇を移動させる際には、仏壇に宿っている魂に一旦出ていただき、移動後に再度戻ってきていただく儀式を行います。
移動前に出ていただく儀式が、「精抜き」の儀式です。
精抜きは、「閉眼供養・閉眼法要・魂抜き・お性根抜き」などとも呼ばれます。

仏壇の引越しの際には、お坊さんに自宅まで来てもらって精抜きの儀式を行うのが一般的です。

儀式は宗派によって異なる

儀式の内容は、宗派によって異なります。
精抜きは引越し前に行う必要があるため、引越しが決まったら、普段お世話になっているお寺に相談しましょう。
懇意にしているお寺がない場合は、お坊さんを派遣してくれるネットサービスを利用する方法もあります。

「精抜き」の費用

「精抜き」を行ってもらう際には、お坊さんにお布施を渡します。
お布施の金額の相場は地域によっても異なりますが、1万円から5万円程度です。
また、自宅まで来てもらうことになるため、5,000円程度の「お車代」を渡すのが一般的です。
お布施の金額をお坊さんに直接聞いても失礼にはあたらないため、事前に確認しておくとよいでしょう。

ご本尊や位牌は自分で運ぶ

仏壇はアート引越センターが運んでくれますが、大切なご本尊や位牌は自分で運びましょう。
引越し荷物と一緒に運ぶのは、避けることをおすすめします。

香炉・花立て・火立てなどは、丁寧に梱包して引越し荷物と一緒に運んでもらいましょう。
その際には破損を防ぐために、ダンボールに「ワレモノ」などと書いておくとよいでしょう。

運び方にも作法がある

仏壇の引越しには、「最後に旧居を出て、最初に新居に入る」という作法があります。
これには、仏壇が家の外にある時間を短くする意味があります。
アート引越センターなどの引越し業者はそうした作法を心得ている場合が多いですが、徹底してほしい場合は事前に伝えておきましょう。

参照:お仏壇を引っ越しさせるときの基本的な作法

新居で「精入れ」を行う

新居に仏壇を移したら、ご先祖様の魂に再度戻ってきてもらう「精入れ」の儀式を行います。
精入れの儀式も、精抜きの場合と同じくお坊さんに行ってもらいます。
お布施の金額は、精抜きの場合と同程度です。

儀式を省略する家庭も増えている

以上の儀式は仏壇を移動させる際の基本ですが、儀式を省略する家庭も増えています。
魂入れは仏壇のご本尊や掛け軸に魂を宿す儀式ですが、仏壇にご本尊や掛け軸を設置していない家庭もあります。

精抜きや精入れの儀式を行うかどうかは、地域の慣習などを考慮しつつ、家族で相談して決めてください。

費用を抑えたい場合は複数の業者の見積もりを比較する

アート引越センター以外にも、仏壇を運んでくれる引越し業者は多数あります。
引越し費用は業者によって異なるため、費用を安く抑えたい場合は、複数の業者の見積もりを比較して安価なところを選ぶようにしましょう。

業者の見積もりを比較する際には、「引越し料金の一括見積もりサービス(無料)」を利用するのが便利です。
引越し料金の一括見積もりサービスは、1回の情報入力で多数の引越し業者の見積もりを取得できるサービスです。

引越し業者の見積もりを取る際には多くの情報を入力する必要があるため、1社ごとに確認するのは手間がかかります。
引越し料金の一括見積もりサービスを利用すれば、見積もりを取る手間を省くことができ、安価な業者を簡単にみつけることができます。

詳しくはこちらをご覧ください。

仏壇を安く運んでくれる引越し業者を調べてみる(無料)

さいごに

アート引越センターは、仏壇を丁寧に運んでくれます。
ただし、「精抜き」や「精入れ」の儀式は行ってくれません。
それらを行う場合は、自分で手配する必要があります。

アート引越センターは通常の家具と同じ扱いで仏壇を運んでくれるため、特別な追加料金はかかりません。

また、アート引越センターに仏壇だけの輸送を依頼することも可能です。
その際の料金は、仏壇の大きさや輸送距離によって異なりますが、「6,000円から30,000円程度」が相場です。

仏壇は、アート引越センター以外の引越し業者も運んでくれます。
費用を抑えたい場合は、複数の業者の見積もりを比較しましょう。
その際には「引越し料金の一括見積もりサービス(無料)」を利用すると、安価な業者を簡単にみつけることができます。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引っ越しのためにある引越し業者に見積もりを取ったら73,300円でした。

高いんじゃないかと思ってスーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)で試しに調べてみたら42,000円の業者を見つけることができました。

あやうく31,300円も損するところだったんです。

複数の業者に見積もりを取ることで安い業者を見つけることができました。

見積もりの手間を省くなら「スーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)」が便利です。

利用時間は1分程度で利用料は無料になります。

スーモは電話登録がありませんので迷惑電話がかかってくることはありません

引越し料金で損したくない方は是非こちらをご覧ください。

あなたに合った最安値の引越し業者を調べてみる(無料)

コメント