荷物が紛失や破損したらアート引越センターに補償はしてもらえるの?

「引っ越しの時に荷物が無くなったらどうなるのかな?」

何て疑問はありませんか?

引っ越しは荷物がとても多く梱包が大変ですよね。

引っ越し先で開梱していると荷物が見つからないということあるでしょう。

もし荷物が無くなった場合はどうなるのでしょうか?

「アート引越センターは補償してくれるのかな?」

なんて思ったりもしますよね。

アート引越センターは弁償をしてくれるのでしょうか。

結論から言うと、アート引越センターは紛失した場合、補償をしてもらえます

しかし、注意点もあります。

この記事では、

  • どのような補償内容なのか
  • 補償額の基準はどうやって決まるのか
  • 実際に補償がされた事例
  • 紛失や破損を防ぐための注意点

などについて詳しく解説します。

アート引越センターで引っ越しを予定している方は是非、ご覧ください。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引っ越しのためにある引越し業者に見積もりを取ったら73,300円でした。

高いんじゃないかと思ってスーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)で試しに調べてみたら42,000円の業者を見つけることができました。

あやうく31,300円も損するところだったんです。

複数の業者に見積もりを取ることで安い業者を見つけることができました。

見積もりの手間を省くなら「スーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)」が便利です。

利用時間は1分程度で利用料は無料になります。

スーモは電話登録がありませんので迷惑電話がかかってくることはありません

引越し料金で損したくない方は是非こちらをご覧ください。

あなたに合った最安値の引越し業者を調べてみる(無料)

アート引越センターは荷物が紛失や破損をしたら補償はしてくれるの?

アート引越センターは荷物が紛失や破損をした場合、補償はしてくれます。

引越業者は『運送業者貨物賠償責任保険』と呼ばれる保険に加入をしており、その規定の中で万が一の場合に補償をしてくれます。

しかしどんな場合でも全額補償をされるわけではなく、補償の上限や補償がされない場合もあるので気をつけるようにしましょう。

どのような補償内容なの?

ではアート引越センターや他の引越業者では紛失や破損をした場合にどのような補償を受けることができるか解説をしていきます。

まず引越業者が加入している『運送業者貨物賠償責任保険』での補償の上限金額は1,000万円となっています。

そしてこの保険での補償範囲としては以下のようになっています。

  • 引越時における事故による紛失や破損
  • 依頼主が訴訟を起こした場合の諸費用

金額としては通常の家庭で持っている資産であれば訴訟があった場合の費用も含めて補える金額となっています。

補償の原則は現状復帰と損失の補填

標準運送引越約款では破損や紛失があった場合の原則として「現状復帰、利用者の財産的損失の補填」と定められています。

つまり新品としての補償といた意味合いではなく、物品の破損があった場合は修理の実施が原則となってきます。

そして修理ができない状態になってしまった場合は購入金額からこれまでの使用した年数を割引いた金額で補償をされるようになります。

破損や紛失があったときはいつまでに言えばいい?

破損や紛失があったときは大きな家具家電やすぐに使うものであればその場で破損状況を見て業者に確認してもらうことができます。

しかし荷物の中にはしばらくたってから破損に気づくものや、すぐに開梱をせずしばらく立ってから荷解きをするようなものもあります。

そのような場合アート引越センターでは引越から3ヶ月以内での発覚であれば保障期間内の対応をしてくれます。

しかし3ヶ月を過ぎた場合は補償の対象にはなりませんので、引越をしたら一通りの荷物はできるだけ早く開梱をするようにしましょう。

事故が起きた場合事故証明を受け取ることもできる

アート引越センターでは事故が起きた場合、アート引越センターへ請求をすれば引越から1年以内であれば事故証明書を発行してもらえます。

修理可能な破損事故が発生する場合、修理費用の見積書を依頼される場合がありますので修理に時間がかかる場合は必ず見積書を保管しておくようにしましょう。

補償額の基準はどうやって決まるの?

ここまでで標準運送引越約款においては原則引越業者に過失があった場合は原則家財類の補償は行ってくれることがわかりました。

しかし全額賠償になるのではなく引越約款や賠償責任保険の規約に沿った賠償金額になってしまいます。

ではここでは補償金額がどのように決まってくるかを解説していきます。

破損の場合は修理が原則になってくる

荷物の破損があった場合、家電や家具などの修理が可能なものに関しては交換やお金での保証ではなく修理が原則になってきます。

修理になった場合は修理にかかる修理費用が引越業者の補償の対象になるため、利用者の金銭的な補償はありません。

補償の金額は時価と減価償却を踏まえて決められる

紛失や修理ができない破損があった場合の補償額は対象物品の購入物品の時価と使用年数に合わせた減価償却を踏まえて補償額が決まってきます。

つまり使用年数が長ければ補償額は低くなってくるようになります。

減価償却の基準に関しては物品によって変わってきますので耐用年数基準に応じて算出されます。

減価償却費の例

補償の基準の中で減価償却といった言葉が出てきました。

減価償却を簡単に言うと資産が時間が経つにつれて劣化し価値が減っていくことを指します。

資産を使用して消耗していった分を購入価格から割り引くことを減価償却費と言います。

例えば洗濯機や冷蔵庫は耐用年数が9年と決められており、1年ごとに約11.1%の価値が下がってきます。

そこで3年経過した洗濯機が引越によって破損し、修理ができなかった場合は3年使用分の33.3%を割引いた金額が補償額となります。

耐用年数を超えると補償の対象にならない

減価償却の基準に基づいて補償額が引かれていくことがわかりましたが、ここで耐用年数を超えた物品が保証されるかが気になりますよね。

結論からお伝えをすると修理が可能なものは修理で対応してくれますが、修理ができない場合は耐用年数が過ぎている物品に関しては価値がないものとしてみなされ補償がされません。

実際に補償がされた事例

では実際に補償がされた事例に関してどのような補償内容になっているのかを見ていきましょう。

補償内容に関しては破損した物品や状況によって変わってきますので参考としてご覧ください。

食器の破損の場合

食器の破損の例として、引越業者がダンボールを落としてしまい焼き物が破損してしまったといった事例です。

この時の対応としてはお詫び金と食器の弁償となっております。

この場合焼き物で1点物とのことで価値に変えられない部分ではありますが、可能な限り同じものを購入し弁済をするとなっています。

お詫び金は会社としての誠意となりますが、3万円程度の損害金になりますので、食器全体の価値を鑑みた補償額となっています。

洗濯機や冷蔵庫の破損の場合

洗濯機や冷蔵庫の破損の場合は基本的には修理対応となっています。

購入から1年未満の比較的新しい物であっても修理対応になっています。

また注意点として一度修理後に別の破損などが発見された場合は補償の対象外になるといった事例も見られれます。

1箇所破損があった場合には他にも破損箇所がないか必ず確認するようにしましょう。

紛失や破損を防ぐための注意点

ここまで荷物の紛失や破損をした時の補償に関しておなししてきましたが、そもそもそのような事態が起きないことが一番です。

ここでは荷物の紛失や破損をないための注意点についてお話ししていきます。

紛失や破損を防ぐためには事前の準備が重要になるので注意をしましょう。

梱包は隙間なくするようにしよう

荷物の破損を起こさないためにはまず梱包をしっかりするようにする必要があります。

梱包のポイントは隙間なく梱包をする事です。

破損が発生しやすいものの例として家電やお皿などの破損の可能性が高い荷物をダンボールに詰めた場合に起きやすいです。

そこで破損が発生しやすい理由をして、ダンボールの中に隙間があり、運搬時や運送中に中身が動いて破損をしてしまうといった原因があります。

ブランド品などの高価なものは箱やビニールなどで包んでおく

ブランド品や高価なものに関しては雨でダンボールが濡れた時に汚れがついてしまう可能性があります。

特にブランド品は汚れがついた時に価値が落ちてしまうので、必ず購入時の箱に入れておくようにしましょう。

またビニール袋などで包んでおくことで水濡れを防ぐこともできます。

搬出時、搬入時に部屋とトラックの中身を確認する

荷物の紛失の可能性は少ないですが、よくあるケースとして搬出時に荷物の一部を積み込み忘れてしまうといった現象や搬入時にトラックの中に荷物を残してしまうといった原因があります。

そこで荷物の搬出をした後は必ず部屋の隅々まで確認をするようにしましょう。

棚上やキッチンの中など忘れ物が多く発生します。

また荷物の搬入が終わったら引越業者の方にトラックの中身を見せてもらいましょう。

アート引越センターでは最後に中身の確認をしてくれますが、確認のない業者の時は確認させてもらうようにしましょう。

破損や紛失が発生した場合の注意点

破損や紛失が発生した場合の多くは補償の対象になってきますが、引越約款の規定により補償がされないケースもあります。

補償外の荷物を混載させ破損や紛失が発生した場合には全て自己負担になってしまうのでそのようなことを回避するために事前に注意点を確認するようにしましょう。

業者過失でない場合の破損は補償の対象外になる

まず補償の基本として業者過失であった場合のみの補償となります。

業者の過失として認められない場合は補償の対象外になり、例としては以下のような事例が挙げられます。

  • 自然災害による破損
  • 梱包が不十分な場合の破損
  • カビやサビの発生など温湿度の変化が原因の場合

このような業者過失でなく、自然破損や利用者の過失による破損の場合は補償の対象外になります。

ダンボールはカビが発生しやすいので早く開梱をしよう

ダンボールの中には湿気がたまりやすくなっています。そのためずっと開梱をせずにいるとカビの発生の可能性が高まります。

荷物が届いたらすぐに開梱をするようにしましょう。

特に高温多湿になる時期には可能な限り早く行うようにしましょう。

補償対象外の物品がある

引越約款では破損が紛失があった場合に対象外になる荷物があります。

特に金銭や破損リスクの高い品目に関しては原則自分で運ぶ必要がありますので、それを混載させて万が一のことが発生した場合には補償の対象外になってしまいます。

例えば

  • 現金や通帳など金銭類
  • 宝飾品
  • パソコン
  • 動物や植物
  • 10万円以上の骨董品など

これらのような金銭的価値が高いものやパソコンのデータなどリスクが高く、価値として算出できないものは補償が出ないため、自分で運ぶようにしましょう。

まとめ

アート引越センターでは荷物の破損や紛失があった場合には補償をしてくれます。

原則として標準運送引越約款や加入している保険に定められて範囲での補償になります。

この記事の内容をまとめると

  • アート引越センターでは標準運送引越約款や運送業者貨物賠償責任保険で定められた内容で補償がある
  • 補償の対応は基本は修理対応になり、修理ができない破損は時価や減価償却に基づいた補償内容になる
  • 引越約款に定められた荷物の破損や引越から3ヶ月以上経った発見は補償の対象外になる

まずは破損や紛失をさせないことが基本になりますので、梱包を丁寧に行いましょう。

また引越後はできるだけ早く荷解きをして、破損や紛失が発生した場合はすぐに連絡をするようにしましょう。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引っ越しのためにある引越し業者に見積もりを取ったら73,300円でした。

高いんじゃないかと思ってスーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)で試しに調べてみたら42,000円の業者を見つけることができました。

あやうく31,300円も損するところだったんです。

複数の業者に見積もりを取ることで安い業者を見つけることができました。

見積もりの手間を省くなら「スーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)」が便利です。

利用時間は1分程度で利用料は無料になります。

スーモは電話登録がありませんので迷惑電話がかかってくることはありません

引越し料金で損したくない方は是非こちらをご覧ください。

あなたに合った最安値の引越し業者を調べてみる(無料)

コメント