アート引越センターで引越し予定だけど冷蔵庫の電源は何時間前に切るの?

「引っ越しを予定しているけど冷蔵庫の電源ってどうしたらいいんだろう?」

何て疑問はありませんか?

引っ越し先に冷蔵庫を運んでもらう時、電源をどのタイミングで切ったらいいか迷いますよね。

冷蔵庫の電源は何時間前に切ったらいいのでしょうか。

結論から言うと、アート引越センターで引越するときに冷蔵庫の電源は15時間前には切っておくようにしましょう

しかし、注意点もあります。

この記事では、

  • 引越直前に抜いたらダメなのか
  • 電源を切り忘れた場合はどうしたらいいのか
  • 引越までにしておくべきことはあるか

などについて詳しく解説します。

アート引越センターで引っ越しを予定している方は是非、ご覧ください。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引っ越しのためにある引越し業者に見積もりを取ったら73,300円でした。

高いんじゃないかと思ってスーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)で試しに調べてみたら42,000円の業者を見つけることができました。

あやうく31,300円も損するところだったんです。

複数の業者に見積もりを取ることで安い業者を見つけることができました。

見積もりの手間を省くなら「スーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)」が便利です。

利用時間は1分程度で利用料は無料になります。

スーモは電話登録がありませんので迷惑電話がかかってくることはありません

引越し料金で損したくない方は是非こちらをご覧ください。

あなたに合った最安値の引越し業者を調べてみる(無料)

アート引越センターで引越する時に冷蔵庫の電源は何時間前に切ればいい?

アート引越センターで引越するときに冷蔵庫の電源は15時間前には切っておくようにしましょう。

遅くとも前日の寝る前には電源を切っておく必要があります。

引越業者の方からは前日の夕方や夜と言われることが多いですが、その目安としては15時間程度となっています。

引越直前に抜いたらダメなの?

冷蔵庫の電源を引越直前に抜くようになった場合、水漏れが発生してしてしまい冷蔵庫の破損や荷物の汚破損が発生する可能性があります。

前日の夜に抜き忘れて当日の朝に気がついた場合もできるだけ早く電源を抜くようにしましょう。

引越しの時間が遅い場合は朝に抜いておけば多量の水漏れの発生は防ぐことができます。

どうして事前に電源を抜かないといけないの

引越し前に冷蔵庫の電源を事前に切っておかなければならない理由は冷蔵庫内の温度を常温に合わせるためです。

そして冷蔵庫のないの水滴や霜をとって引越し中に水漏れを発生させないようにするためです。

もし引越までに冷蔵庫の電源を切り忘れてたまま運んだ場合、運搬中に冷蔵庫内の温度が上がり、結露ができてしまったり冷凍庫の霜が溶けて水漏れをしてしまう可能性があります。

それを防ぐために事前に電源を抜く必要があるのです。

電源を切り忘れた場合はどうしたらいいの?

電源を切り忘れてしまった場合はまず気がついた時点で冷蔵庫の電源を抜きましょう。

そして冷蔵庫を開けておき外気と温度を合わせるようにしましょう。

時間が経って出てきた結露や溶けた霜が出てきたら乾いた布で拭き取ってあげれば問題ありません。

最近の冷蔵庫は霜取りがついているので霜が溜まってしまうことは少ないかと思うので、水滴をしっかり拭き取ってあげましょう。

庫内の温度を上げるためにやってはいけないこと

引越前には庫内の温度を上げる必要がありますが、決して庫内の温度を上げるためにドライヤーなどを使わないようにしましょう。

ドライヤーの高音で温めてしまうと冷蔵庫内のプラスチックが変形してしまう可能性があり故障の原因になってしまいます。

その場合はドアを開けっぱなしにして乾いた布巾で庫内を拭き取ってあげるだけでも問題ありません。

引越までにしておくべきことはある?

引越をする時に毎日使用する冷蔵庫は計画的に準備をしていく必要があります。

引越までにしておくべきことは主に3つです。

  • 冷蔵庫の中身を空にしておく
  • 引越前日には冷蔵庫の電源を抜く
  • 水抜きをする
  • 霜取りをする

これらの作業をしておけば問題なく引越をすることができます。

まずは引越までに計画的に冷蔵庫の中身を空にしていきましょう。

引越1週間前にはレトルト食品や外食を中心にして冷蔵庫の中身を空にしておくことがオススメです。

そして前日の夜には冷蔵庫の電源を抜くようにしましょう。

電源を抜いたら水抜きをしよう

冷蔵庫の電源を抜いたら水抜きをしましょう。水抜きとは冷蔵庫の温度が上がり水が出たときにドレンホースを通って水受け容器に溜まった水を捨てることです。

冷蔵庫の電源を抜くと庫内の温度が上がり水滴が出てきますので水受け容器に水が溜まっていきます。

通常冷蔵庫の背面部か下部に水受け容器がありますのでそこに溜まった水を捨てます。

冷凍庫に霜がついている場合は霜取りをする

最近の冷蔵庫では霜取り機能がついているので霜取りをする機会は減っていますが、冷凍室内に霜がついてしまっている場合は霜取りをしましょう。

冷蔵庫の電源を抜いて庫内の温度が上がってきたら濡れたタオルで霜をとって拭き取りましょう。

その後乾いたタオルで中に残った水分をとってあげれば完了です。

水抜きは引越業者がやってくれる

引越前日までに電源さえ抜いておけば水抜きなどの作業は引越業者が行ってくれます。

自分でやっておくべきことは前日に電源を抜いておくことだけで問題ありません。

冷凍室内に霜が多量についている場合は事前に拭き取っておくようにしましょう。

引越先で冷蔵庫のコンセントはすぐに入れていいの?

引越先では冷蔵庫のコンセントをすぐに入れたいところですが、すぐに入れることはオススメしません。

冷蔵庫の中には冷却用のオイルが入っています。引越をすると振動や運搬時に傾けたことで冷却オイルが正しい位置に溜まっていません。

そこで冷却オイルが正しい位置に溜まるまで一定の時間を置いておく必要があります。

安定しないうちに電源を入れてしまうと冷却効果が弱くなったり、故障の原因になってしまいます。

新居に到着したら1時間後に電源を入れよう

新居に到着をしたら30分~1時間後に冷蔵庫の電源を入れるようにしましょう。

先ほどお話しした通り冷蔵庫内の冷却オイルを安定させる必要があります。

新居に到着後は30分~1時間時間を置いてから電源を入れてください。

冷蔵庫内が冷えたら食材を入れよう

新居に到着して電源を入れたらすぐに食材を入れたいところですが、冷蔵庫が冷えたら食材を入れるようにしましょう。

特に夏場の場合は冷蔵庫内も熱を持っていますので3時間程度時間が経って冷え切ってから食材を入れるようにしましょう。

冷えていないうちに冷蔵庫内に食材を多く詰めてしまうと温度が中々下がってくれません。

その結果中に入れた食材が傷んでしまう原因になってしまいます。

まとめ

アート引越センターに限らず引越をする時には冷蔵庫の電源を前日の夜までには抜いておくようにしましょう。

電源を抜き忘れたまま引越をする場合は水漏れが発生し故障や荷物を水濡れさせてしまう原因になってしまいます。

この記事の内容をまとめると

  • アート引越センターでは前日までに冷蔵庫の電源を抜いておけば水抜きは行ってから運んでくれる
  • 冷凍庫内の霜が多量についている場合は電源を抜いた後に霜をとって庫内の水分を拭き取ってあげよう
  • 新居に着いたら冷却オイルが安定する30分~1時間後に電源を入れるようにしましよう

アート引越センターでは冷蔵庫の養生をしっかり行い安全に運んでくれます。

吊り上げなどの対応もできますので高価な冷蔵庫を運ぶ場合はアート引越センターを利用も検討してみましょう。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引っ越しのためにある引越し業者に見積もりを取ったら73,300円でした。

高いんじゃないかと思ってスーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)で試しに調べてみたら42,000円の業者を見つけることができました。

あやうく31,300円も損するところだったんです。

複数の業者に見積もりを取ることで安い業者を見つけることができました。

見積もりの手間を省くなら「スーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)」が便利です。

利用時間は1分程度で利用料は無料になります。

スーモは電話登録がありませんので迷惑電話がかかってくることはありません

引越し料金で損したくない方は是非こちらをご覧ください。

あなたに合った最安値の引越し業者を調べてみる(無料)

コメント