アート引越センターは家具や家電の処分はしてくれるの?料金は?

「引っ越しを機に家具や家電を処分したいんだけどどうしたらいいんだろう?」

何て疑問はありませんか?

古い家具や家電の場合、引っ越しを機に処分されたりもします。

設置費用を考えると購入した方が安い場合もあります。

でも家具や家電ってどうやって処分したらいいか分からないですよね。

「アート引越センターは家具や家電の処分をしてくれないのかな?」

と疑問に思うかもしれません。

アート引越センターでは家具や家電の処分をしてくれるのでしょうか?

結論から言うと、アート引越センターでは家具の処分はできないが家電の処分はできます

しかし、注意点もあります。

この記事では、

  • アート引越センターで処分ができる家電
  • 家電を処分する場合の費用
  • アート引越センター以外で家具や家電を処分する方法
  • 家具家電を処分する際の注意点

などについて詳しく解説します。

家具や家電を処分してもらいたい方は是非、ご覧ください。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引っ越しのためにある引越し業者に見積もりを取ったら73,300円でした。

高いんじゃないかと思ってスーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)で試しに調べてみたら42,000円の業者を見つけることができました。

あやうく31,300円も損するところだったんです。

複数の業者に見積もりを取ることで安い業者を見つけることができました。

見積もりの手間を省くなら「スーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)」が便利です。

利用時間は1分程度で利用料は無料になります。

スーモは電話登録がありませんので迷惑電話がかかってくることはありません

引越し料金で損したくない方は是非こちらをご覧ください。

あなたに合った最安値の引越し業者を調べてみる(無料)

アート引越センターでは家具の処分はできないが家電の処分はできる

結論から先にお伝えするとアート引越センターでは家具の処分はできませんが、家電の処分をすることができます。

家電の処分に関しては有料での処分になっており、処分が可能になる品目も限られます。

アート引越センターで処分ができない家具や家電は自治体を通して粗大ゴミ処分をするか不用品回収業者の利用などで処分するようになります。

後ほどアートで処分できない家具家電のオススメの処分方法もお話しするのでこのまま読み進めてください。

アート引越センターで処分ができる家電

アート引越センターでは家電の処分ができますが、品目が限られています。

それは家電リサイクル法に定められている家電です。

これらが家電リサイクル法に定められている品目で、通常の自治体での粗大ゴミ処分ができないアイテムになります。

アート引越センターではこれら以外の家具家電は処分をできませんので、通常の粗大ゴミとして処分をします。

アート引越センターで家電を処分するメリット

アート引越センターで家電を処分するメリットは一括して家電リサイクルの手続きをしてくれることです。

家電リサイクル法で定められている品目は粗大ゴミ処分ができないため、所定の手続きが必要になります。

郵便局でのリサイクル券購入や業者の手配をする手間がありますが、アート引越センターではそれらの手続きを一括して行ってくれるのです。

見積もり時に家電を処分したい旨を伝えればあとは全てお任せで家電の処分をしてくれるので何もする必要がありません。

家電を処分する場合の費用は?

アート引越センターで家電を処分する場合は有料になっており、

この2つを合わせた費用がかかります。

家電リサイクル料金はメーカーによって料金が変わり、どの業者で処分をしても費用は変わりませんので見積り時に聞きましょう。

収集運搬料金は一つ1,000円~3,000円程度かかり大きさによって変わります。大体の概算をまとめると以下の様になります。

品目 家電リサイクル料金 収集運搬費用
冷蔵庫 3,740円~5,600円 3,000円~5,000円
洗濯機 2,530円~3,300円 3,000円程度
ブラウン管テレビ 1,320円~3,700円 1,000円~3,000円程度
液晶テレビ 1,870円~3,700円 1,000円~3,000円程度
エアコン 990円~2,000円 1,000円~3,000円程度

エアコンの取り外しがある場合は別途5,000円程度取り外し代金がかかります。

処分費用は相場通りで他の引越業者と比較して高くはありません。

不用品回収業者を利用した場合は出張費が更に取られるケースもあるので処分品目が少ない場合はアート引越センターに任せた方が費用がかかりません。

アート引越センター以外で家具や家電を処分する方法

アート引越センターでは家具の処分はできず、家電の処分も家電リサイクル法に定められた特定の品目しか処分ができません。

基本的には自分で処分する必要がありますのでここでは、自分で家具や家電を処分する方法を紹介します。

処分方法によってはアート引越センターで処分するより効率的で安く処分できる方法もあるので確認しておきましょう。

アート引越センター以外で家具家電を処分する方法は以下の通りになります。

  • 自治体の粗大ゴミ回収に出す
  • 不用品回収業者に依頼をする
  • 買取業者に買い取ってもらう
  • フリマアプリでの販売や知人に譲る

ではそれぞれ解説をしていきます。

自治体の粗大ゴミ回収に出す

一番スタンダードな方法は自治体の粗大ゴミ回収に出すことです。

自治体の粗大ゴミ回収に出すメリットは費用が安いことです。

自治体によって変わりますが、一つ200円〜2,000円程度で粗大ゴミ回収ができます。

ベッドなどの大きな家具も1,000円〜2,000円で廃棄ができるので回収業者に依頼をするより安く廃棄ができます。

手順を簡単にまとめると

  1. 事前に粗大ゴミ回収の申請を自治体のwebで行う
  2. 廃棄品に合わせた回収用ラベルをコンビニなどで購入する
  3. 指定された日に回収場所に置く

このような手順になります。

自治体の粗大ゴミ回収のデメリット

自治体の粗大ゴミ回収のデメリットもあります。

  • 回収日が決まってしまっている
  • 回収場所まで自分で持っていく必要がある

このようなデメリットもあり地域によっては月1回の回収など回収日が少なく、引越に合わせて処分ができないケースもあります。

また回収場所まで自分で持っていく必要もあるので、一人では運搬が困難になるケースもあります。

指定日に全て廃棄できない場合は他の処分方法と合わせて計画的に処分をすると良いでしょう。

不用品回収業者に依頼をする

回収品が多い場合は不用品回収業者に依頼をすることをオススメします。

不用品回収業者に依頼をするメリットをまとめると

  • 指定の日時に回収をしてくれる
  • 粗大ゴミだけでなく家庭ゴミの処分もしてくれる
  • 買取やクリーニングサービスもある業者もある
  • トラックの大きさ毎のパック料金になっている場合、処分品が多いと割安

この様なメリットがあり、処分品が一つだけと少ない場合は出張費と合わせて割高になりますが、処分品が多い場合は一括でゴミを廃棄できるので手間もかからず割安です。

買取業者に買い取ってもらう

状態の良い家具や年式が新しい家電を処分する際は買取業者に買い取ってもらうこともオススメです。

買取業者であれば出張買取もしてもらえるため手間がかかりません。

出張費用などでお金を取られることもないので、費用をかけずいくらでもいいので売りたいかにはオススメです。

注意点として、大型家具の解体や玄関先までの運び出しは自分で行わなければならない業者もあるので確認をしておきましょう。

フリマアプリでの販売や知人に譲る

費用をできるだけかけずにできればお金に変えたい方はフリマアプリでの販売や知人に譲ことも検討しましょう。

これらの方法で処分するメリットは、買取業者に依頼をするよりも高く売ることができる可能性があることです。

買取業者で売る場合、かなり安く買い取りをされるケースが多いですが、フリマアプリの場合は自分が決めた値段で売れるので高く買取をしてもらえる可能性があります。

一方デメリットとして

  • 買い手がつかない可能性がある
  • 受け取りに来ない、キャンセルされる可能性がある
  • 引き渡し後故障などでトラブルが起きる場合がある

この様なリスクがありますので、一定の日まで売れなければ別の処分方法を検討する様にしましょう。

処分品が多い場合は不用品回収業者がオススメ

アート引越センターでは一部の家電しか処分ができません。

複数の処分したい家具家電がある場合は他の手段で処分する必要があります。

処分品が多く買取もできるものとできないものがある場合に一括で手間なく処分する方法は不用品回収業者に依頼をすることです。

ここではオススメの不用品回収業者に関していくつか紹介をします。

関東圏はセーフティ東京がオススメ

関東圏で引越し準備をしている方にはセーフティ東京がオススメです。

セーフティ東京の特徴は

  • 家具や家電の買取もしている
  • 引越も行っている
  • 24時間対応している
  • トラックの大きさのパック料金になっている

こちらはブランド家具や製造から5年以内の家電は買取も対応しています。

処分費用もトラックの大きさで料金が別れており、軽トラは9,800円〜、2トントラックは29,800円〜とリーズナブルになっています。

また引越も対応していることから単身赴任終了時や一人暮らしから同棲のタイミングで家具家電を一斉処分をしたい方にもオススメです。

載せ放題プランがオススメのトップクリーン

処分品目が多い場合は乗せ放題プランがリーズナブルなトップクリーンがオススメです。

トップクリーンの特徴は

  • 料金が明確な載せ放題プラン
  • 作業費用や出張費が見積もり料金に含まれている
  • 軽トラの乗せ放題プランがリーズナブル

この様な特徴があります。

不用品回収業者の中には初めの金額見積もりでは回収プラン料金のみの提示で安く見せ、出張費や搬出費・スタッフ追加料金・梱包費用などでどんどんプラスされていくケースがあります。

しかしトップクリーンでは定額のプランにこれらが含まれているため、後からどんどん高くなっていくことがないので安心です。

軽トラ乗せ放題プランは7,980円と非常にリーズナブルなため廃棄品が複数ある方にはオススメです。

家具家電を処分する際の注意点

家具家電を処分する際の注意点があります。

  • スケジュールには余裕を持ち処分ができなくても問題ないようにする
  • 不用品回収業者を利用する場合は違法業者に注意をする
  • 自治体のルールを守って廃棄をする

特に家具家電を売りたい場合は引越までに売れない可能性があります。

最悪処分は引越後にできるように必ず処分しなければならないものは不用品回収業者を手配するなど計画的に行う様にしましょう。

違法の不用品回収業者に注意

不用品回収業者の中には一般廃棄物処理業許可を得ていない業者もあります。

この様な業者は適切なリサイクルや廃棄処理をせず、不法投棄をしているケースもあります。

また見積もり後、当日の作業で追加料金を取られるケースも発生しています。

無料回収を謳っている業者に多いため事前に許可を得ている業者か調べるようにしましょう。

自治体で捨てる場合はルールを守ろう

自治体での粗大ゴミ回収は回収日が決まっているため、中には回収日より前に回収場所に放置したり回収日に出し忘れ、その後不法投棄してしまうケースもあります。

近隣住民の迷惑になる行為になるため必ず指定の日時に出すようにしましょう。

まとめ

アート引越センターでは家具家電の処分は家電リサイクル法に定められた品目しかできません。

品目数が限られているため、処分品が多い場合は不用品回収業者などを利用しましょう。

この記事の内容をまとめると

  • アート引越センターでは家電リサイクル法に定められた品目しか処分ができない
  • 費用をかけないなら自治体や買取業者がオススメだが品目が多い場合手間がかかる
  • 処分品が多い場合は不用品回収業者にまとめて依頼をすると手間がかからないためオススメ

アート以外の引越業者でも家具家電の処分が全てできるわけではないので、回収品目が多い場合は他の処分方法で行う必要があります。

買取業者や不用品回収業者に中でも特徴があるので自分に合った業者を比較して選んでみましょう。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引っ越しのためにある引越し業者に見積もりを取ったら73,300円でした。

高いんじゃないかと思ってスーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)で試しに調べてみたら42,000円の業者を見つけることができました。

あやうく31,300円も損するところだったんです。

複数の業者に見積もりを取ることで安い業者を見つけることができました。

見積もりの手間を省くなら「スーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)」が便利です。

利用時間は1分程度で利用料は無料になります。

スーモは電話登録がありませんので迷惑電話がかかってくることはありません

引越し料金で損したくない方は是非こちらをご覧ください。

あなたに合った最安値の引越し業者を調べてみる(無料)

コメント