アート引越センターは照明器具の取り外しや取り付けもしてくれるの?

アート引越センターの基礎知識

「引っ越しの際、アート引越センターは照明器具の取り外しもしてくれるのかな?」

なんて疑問はありませんか?

引っ越しの当日まで使用している照明器具。

事前に取り外しをして梱包するのは難しいですよね。

「照明器具の取り外しもしてもらうと楽だな」

何て思ったりしますよね。

アート引越センターは照明器具の取り外しはしてくれるのでしょうか?

結論から言うと、アート引越センターは照明器具の取り外しや取り付けもしてくれます

しかし、注意点もあります。
この記事では、

  • 照明器具の取り外しや取り外しに費用がかかる場合がある
  • 照明器具の梱包もしてくれるのか
  • 照明器具の処分はしてくれるのか

などについて詳しく解説します。

アート引越センターで引っ越しを予定している方は是非、ご覧ください。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引っ越しのためにある引越し業者に見積もりを取ったら73,300円でした。

高いんじゃないかと思ってスーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)で試しに調べてみたら42,000円の業者を見つけることができました。

あやうく31,300円も損するところだったんです。

複数の業者に見積もりを取ることで安い業者を見つけることができました。

見積もりの手間を省くなら「スーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)」が便利です。

利用時間は1分程度で利用料は無料になります。

スーモは電話登録がありませんので迷惑電話がかかってくることはありません

引越し料金で損したくない方は是非こちらをご覧ください。

あなたに合った最安値の引越し業者を調べてみる(無料)

アート引越センターは照明器具の取り外しや取り付けはしてくれる?

結論からお伝えをするとアート引越センターでは照明器具の取り付けや取り外しはしてくれます。

しかし無料で行ってくれる照明器具と有料での承りになる照明器具があります。

また梱包に関しても基本的にはアート引越センターで行ってくれるためご自身で取り外しや取り付けの作業をする必要はありません。

照明器具の取り外しや取り外しに費用がかかる場合がある

はじめにアート引越センターでは照明器具の取り付けや取り外しは無料で行ってくれる一方で有料での実施になってしまうことをお伝えしました。

有料での取り外しや取り付けになってしまう場合は以下のパターンです。

  • シャンデリアやシーリングファン付きの照明器具で電気工事や特殊な梱包が必要
  • 天井高が高く高所作業になってしまう

このような場合においては有料になってしまいます。

一般的な家庭で1人で取り付けができるようなシーリングライトやペンダントライトなどは無料で行ってくれますが、シャンデリアや電気工事が必要な特殊な照明は有料になります。

また小さな脚立でも届かないような作業に関しても有料になってしまう場合があるので、訪問見積もり時に確認をするようにしましょう。

費用はどれくらいかかる?

有料での取り付けや取り外し作業になる場合はおおよそ以下の料金目安で作業を行ってくれます。

  • 電気工事が必要な照明→取り外しと取り付けで10,000円程度
  • シャンデリア→取り外しと取り付けで15,000円~

特にシャンデリアに関しては形状や大きさによっても作業料金が異なってくるので一度料金の見積もりをするようにしましょう。

アート引越センターは照明器具の梱包もしてくれる?

アート引越センターでは照明器具の梱包も無料で行っています。

アート引越センターでは照明用の梱包資材であるエコ楽ボックスを用意しています。

引越当日にアートの作業員の方が照明を取り外してエコ楽ボックスへ梱包をしてくれます。

ご自身では基本的に何かする必要がないので引越当日までそのままにしておいても問題ありません。

自分で取り外しをする場合はどうしたらいいの?

自分で照明器具の取り外しをする場合は説明書に沿って照明器具本体とアダプターの取り外しをしましょう。

その時に掃除もしておくことをオススメします。

また梱包に関してはアートが行ってくれるのでそのまま残しておいても問題ありません。

空き箱があればそちらに入れれば良いです。

アート引越センターでは照明器具の処分はしてくれる?

引越を機に照明器具の処分を考えている方もいるでしょう。

そこで引越業者が照明器具を処分してくれるとありがたいですよね。

しかし残念ながらアート引越センターでは照明器具の処分をしてもらうことができません。

アート引越センターでは家電リサイクルの対象品目のみ回収対象としており照明器具は対象外になってしまっています。

照明器具を処分したい場合どうしたらいいの?

照明器具を処分したい場合は以下の対応をするようにしましょう。

  • 自治体の不燃ゴミ回収に出す
  • 大型の照明器具の場合は粗大ゴミ回収に出す
  • リサイクルショップやフリマサイトなどで売る

このような方法があります。

基本的には自治体のゴミ回収に出すと良いでしょう。

大型の照明器具でない場合は通常の不燃ゴミ回収に出すことも可能ですので自治体のルールを確認して廃棄をするようにしましょう。

新しい照明器具であれば売るのもあり

比較的新しい照明器具の場合はリサイクルショップやフリマサイトなどで売っても良いでしょう。

LEDのシーリングライトの場合、寿命が7年〜10年と言われています。

数年しか使用をしていない場合は買取をしてくれますので、使用年数が少なく付属品もしっかりと揃っている状態であればリサイクルショップなどで買取をしてもらっても良いでしょう。

特に有名なメーカーの照明器具の場合は高価買取をしてくれる場合もありますので買取がオススメです。

照明器具をそのまま置いて行ってもいい?

処分を最後まで仕切れなかった照明器具をそのまま置いて行ってもいいのじゃないかと思う方もいるでしょう。

確かに照明であれば次に入る人も困ることはないですが、果たしてそれは問題ないのでしょうか?

結論としては基本的に照明器具はそのまま置いていくことはできません。

賃貸の場合は原状回復をしないといけないといったルールがありますので入居時に照明器具がなかった場合は、その状態に戻す必要があります。

元々付いていたか自分で付けたかわからない場合はどしたらいい?

賃貸によっては照明器具が入居時に付いている場合もあります。

そのような場合は引越をするときには照明器具を取り外さずにそのまま残しておく必要があります。

しかし何年も住んでいると元々ついているのか自分で取り付けたかがわからなくなる場合もあるのでしょう。

そのような場合は管理会社に問い合わせをしてみましょう。

管理会社は入居時の設備状況を管理していますので元々ついていたものなのか確認をしてくれます。

大家や管理会社が許可をすれば照明は残しても良い

どうしても照明器具を置いていきたい場合は管理会社、または大家さんに確認をしましょう。

照明器具に関しては使用できるものであれば場合によってはそのまま残しても良いと許可をくれる場合があります。

しかし基本的には撤去をする必要がありますので確認をしてNGであれば必ず引越の時に取り外しをして自分で処分をするようにしましょう。

まとめ

アート引越センターでは照明器具の取り外しや取り付けは無料で行ってくれます。

ただし電気工事が必要な照明やシャンデリアは有料になってしまうので注意をしましょう。

この記事の内容をまとめると

  • アート引越センターでは一般的なシーリングライトやペンダントライトは無料で取り外しや取り付けをしてくれる
  • 梱包も無料で行ってくれ専用のエコ楽ボックスを使用して安全に梱包をしてくれる
  • 電気工事が必要な照明器具や高所作業の場合は有料になるので見積もり時に確認をしよう

照明器具の取り外しや取り付けは他の引越業者では有料になっているケースもあります。

まずは複数の業者に相見積もりをしてサービスの質と料金に納得がいく業者を選ぶようにしましょう。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引っ越しのためにある引越し業者に見積もりを取ったら73,300円でした。

高いんじゃないかと思ってスーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)で試しに調べてみたら42,000円の業者を見つけることができました。

あやうく31,300円も損するところだったんです。

複数の業者に見積もりを取ることで安い業者を見つけることができました。

見積もりの手間を省くなら「スーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)」が便利です。

利用時間は1分程度で利用料は無料になります。

スーモは電話登録がありませんので迷惑電話がかかってくることはありません

引越し料金で損したくない方は是非こちらをご覧ください。

あなたに合った最安値の引越し業者を調べてみる(無料)

コメント