アート引越センターの引っ越し当日の時間はどのくらいかかるの?

「引っ越しの当日って作業にどのくらいの時間がかかるのかな?」

なんて疑問はありませんか?

引っ越しが何時頃に終わるか気になりますね。

旧居での積み込み時間が分かると、おおよその到着時間も分かります。

結論から言うと、移動時間を除く、積み込みと積み下ろしを合わせて、単身や二人暮らしであれば60分~120分程度、ファミリー世帯であれば120分~240分程度になります

しかし、注意点もあります。

この記事では、

  • 積み込みにはどれくらい時間がかかるのか
  • 積み下ろしにはどれくらいの時間がかかるのか
  • 実際にどのような流れで引越をするのか
  • 引越時間を短くするにはどうしたらいいのか

などについて詳しく解説します。

アート引越センターで引っ越しを予定している方は是非、ご覧ください。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引っ越しのためにある引越し業者に見積もりを取ったら73,300円でした。

高いんじゃないかと思ってスーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)で試しに調べてみたら42,000円の業者を見つけることができました。

あやうく31,300円も損するところだったんです。

複数の業者に見積もりを取ることで安い業者を見つけることができました。

見積もりの手間を省くなら「スーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)」が便利です。

利用時間は1分程度で利用料は無料になります。

スーモは電話登録がありませんので迷惑電話がかかってくることはありません

引越し料金で損したくない方は是非こちらをご覧ください。

あなたに合った最安値の引越し業者を調べてみる(無料)

アート引越センターの引越当日の時間はどれくらいかかるの?

アート引越センターで引越をお願いした場合、しっかりと訓練をした作業員の方が搬出や搬入をしてくれるのでスムーズに作業が進むでしょう。

そうはいっても荷物の量や家具・家電の梱包など作業内容によっても当日かかる時間が変わってきます。

引越作業にかかる時間は大きく3つに分かれます。

  • 積み込み
  • 移動
  • 積み下ろし

移動時間を除く、積み込みと積み下ろしを合わせて、単身や二人暮らしであれば60分~120分程度、ファミリー世帯であれば120分~240分程度の時間で考えておくと良いでしょう。

積み込みにはどれくらい時間がかかる?

一番時間がかかる作業が積み込みの作業になります。

ここでの積み込み作業は梱包をしてある段ボールのほかにダンボールに入りきらない家財の梱包や家具家電の梱包も含みます。

ダンボールだけであれば積み込みに時間はそこまでかかりませんが、大型の家具家電が多い場合梱包の手間もかかってきますので時間がかかってしまいます。

一般的な一人暮らしの方の荷物を積み込みをする場合は40分〜1時間程度で積み込みが完了します。

ファミリー世帯の場合の積み込み時間

ファミリー世帯の場合の積み込み時間に関しては荷物の量や家具家電の量に応じて作業時間が変わってきます。

  • 2人暮らしの場合→60分程度
  • 3人~4人暮らしの場合→60分~120分

二人暮らしの場合は家具や家電が一人暮らしと比較して大きく増えないので、一人暮らしの積み込み時間と大きく変化はないでしょう。

またファミリー世帯の場合は家具の解体や梱包の有無によって作業時間が異なりますが、その分作業員の人数が増えるため、長くとも120分程度で作業が完了するようになっています。

積み下ろしにはどれくらいの時間がかかるの?

積み下ろしに関しては積み込みの同様の時間がかかると考えても良いでしょう。

大型家具などの開梱に関しては梱包と比較すると早く終わりますので、積み込みをするお部屋の条件が悪くない場合は積み込みをする時よりも早く終わる傾向があります。

アート引越センターでは家具の組み立ても行ってくれますので、組み立てする家具の量が多い場合は作業時間が90分以上かかってしまう場合があります。

できるだけ作業を早く終わらせたい場合は、簡単に組み立てられる家具は自分で組み立てをするなどしても良いでしょう。

移動時間は曜日や時間帯によっても変化する

積み込みや積み下ろしといった引越業者が行うこと以外で時間がかかることは移動時間です。

移動時間に関しては距離に応じて時間が変わりますが、引越の曜日や時間帯・天気などによって到着時間が変わってきます。

道路の混み具合によって遅くなることや早くなることがありますので、引越当日は予定を入れずに余裕を持っておくことをオススメします。

電車で移動する場合は引越業者の方が早く到着することはありますがその場合は待っていてくれるので問題ありません。

積み込みや積み下ろしに長く時間がかかる場合はあるの?

ここまで積み込みや積み下ろしの時間に関してお話をしてきましたが、参考時間は一軒家やエレベーターがついているマンションを参考にしています。

また自分で梱包をするプランを前提に特殊な作業が発生しない場合の作業時間目安になっていますので、プランやオプションによっては作業時間が長くなってしまう場合もあります。

ここでは積み込みや積み下ろしの時に目安時間よりも時間がかかってしまう場合についてお話をしていきます。

タワーマンションやエレベーターが無い建物

マンションの場合、階数が高いマンションだと単純に移動距離が長くなるため運び出しをすることに時間がかかります。

またエレベーターがあるマンションの場合でも基本的には地域住民の方を優先させるため、利用者が多い時間帯での引越の場合は時間がかかってしまう可能性があります。

そしてエレベーターがないなや建物の場合、全て階段で搬出入をしなければならないため通常より時間がかかってしまいます。

特にダンボールが多い場合は往復が多くなるので時間がかかってしまうことは想定しておきましょう。

解体する家具が多い

アート引越センターでは大型家具の解体や梱包・組み立てを行ってくれます。

そのままトラックに積み込める家具であればそのまま梱包をして積み込みをしますが、ベッドやテーブルなど解体をしないとトラックの容積をとってしまう家具は解体をしなければなりません。

その場合、ファミリーでテーブルが多い場合や収納式で解体が複雑なベッドがある場合はどうしても時間がかかってしまいます。

吊り上げや吊り下げ作業が発生する

住居環境によってはソファや冷蔵庫が階段や玄関口から入れられないといったケースも発生します。その時にはベランダなど外から吊り上げや吊り下げ作業を行います。

それぞれの作業をするためにはベランダへ機械の設置や窓を外す作業なども行うこともありますのでそれだけで1時間以上時間がかかってしまいます。

オプション作業が発生する場合

オプション作業が発生する場合もその分作業時間が発生してしまいます。

しかしオプション作業の多くはアートの作業員が実施するのではなく専門の業者が行うので、引越当日に全て行う必要はありません。

引越時間に合わせて専門業者の方が来てくれますが、事前に電気工事の実施や引越後に実施してもらうといったこともできます。

荷造りや荷解きをアートにお願いしている場合

アート引越センターではプランの中でハーフコースやフルコースといった、荷造りをアートにお任せするプランや荷造りから荷解きまで全てお願いをできるプランがあります。

つまり、自分では引越の準備をする必要がほとんどなく、当日に全て行ってもらえるプランになります。

そのようなプランの申し込みの場合は荷物の量にもよりますがファミリー世帯の場合だと1日時間がかかってしまうことを想定しておきましょう。

作業時間に関しては荷物の量や顧客のスケジュールに合わせて引越の前日までに荷造りをしてくれるケースもあります。

実際にどのような流れで引越をするの?

ここでは実際にどのような流れで引越をして、どれくらい時間がかかっていくのかをそれぞれの事例を見ていきます。

まずは簡単に引越の流れについてまとめていくと

  • 引越先の確認とダンボールの搬出
  • 大型家具・家電の梱包と搬出
  • 積み忘れの確認と代金支払い
  • 移動
  • 大型家具家電の搬入とセッティング
  • ダンボールの搬入
  • 下ろし忘れが無いかトラックの確認

このような流れでの作業になってきます。

この中でオプションでの電気工事などがあれば、引越時間に合わせて専門業者が同時に作業をしていきます。

具体的なスケジュール例

では朝9時に引越業者が到着をして作業完了までにどれくらい時間がかかるか実際の事例を見てみましょう。ここでは移動時間は1時間と考えます。

単身~二人暮らしの場合

時間 作業
9:00 到着・作業開始
10:00 積込完了・移動開始
11:00 到着・積み下ろし開始
12:00 積み下ろし終了
14:00 荷解き完了

このようなタイムスケジュールになっています。

アート引越センターの作業時間は単身や二人暮らし程度であれば3時間くらいで完了をします。

荷物が少ない単身者の場合はさらに1時間くらい早く終わる場合もあるでしょう。

そこから荷解きを自分で行うことを考えるとおよそ半日程度あれば引越作業が完了しますので、午前中から作業開始となれば必要なものを買い出ししてその日のうちに日常生活に戻ることができます。

ファミリーの場合

ここではファミリー世帯の場合の作業スケジュールに関してまとめています。

時間 作業
9:00 到着・作業開始
11:00 積込完了・移動開始
12:00 到着・積み下ろし開始
14:00 積み下ろし終了
18:00 荷解き完了

荷物が多いファミリー世帯の場合であると作業が積み込みと積み下ろし作業がそれぞれ2時間程度かかってしまいますが、荷物が少なめであれば60分~90分程度で完了します。

荷物が少なめの世帯であれば9時から初めて13時には作業が完了するので、夕方には荷解きも終えることができるでしょう。

荷解きも掃除を含めると3時間~ 4時間程度かかってしまいますので、買い物などを含めるとほぼ1日時間を使ってしまいます。

引越時間を短くするにはどうしたらいい?

ここまでで引越当日は単身者でも半日、ファミリーの方でもほぼ1日時間を使ってしまうことがわかりました。

しかし次の日から仕事などがある場合、できるだけ早めに引越作業を終わらせたいですよね。

また作業開始時間が午後からの場合、なや当日中に荷解きも終えられない可能性も出てきます。

そこでここからお話しする引越当日の作業をできるだけ早く終えるために準備をしておきましょう。

テーブルやベッドなど解体できる家具は解体しておく

まず搬入や搬出時に時間がかかる作業はベッドやテーブルなどの解体や梱包です。

これらの作業が短縮できれば作業時間を大きく短縮することができます。

見積もり時に確認をしておくこととして、当日解体が必要な家具がどれなのか聞いておきましょう。

軽い収納棚などの場合、解体が不要な場合もあります。

解体が必要な家具を解体だけ事前にしておき、梱包をお任せすると良いでしょう。

そしてセッティングを行ってもらいその間にダンボールの荷物の荷解きをしていくと作業の時短になります。

不用品は捨てる

全体の荷物量を減らしておくことも非常に重要です。

マンションの場合、ダンボールを2箱を運ぶ往復だけでも時間を要してしまいます。

不用品を捨ててダンボールの数を10箱減らすだけでも10分以上の時間短縮になるでしょう。

まとめ

アート引越センターでは引越当日の作業時間は2時間~4時間程度で終えることができます。

この記事の内容をまとめると

  • 引越の作業時間は荷物量や家具の解体や梱包する数によって変わってくる
  • マンションの高層階やオプション作業が発生すると作業時間が長くなる
  • 作業時間を短縮したい場合は荷物を減らすことが一番

引越の作業時間は人員の数によっても変わってきます。

荷物が多い方はまずは訪問見積もりをしてもらい目安時間を伺ってみましょう。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引っ越しのためにある引越し業者に見積もりを取ったら73,300円でした。

高いんじゃないかと思ってスーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)で試しに調べてみたら42,000円の業者を見つけることができました。

あやうく31,300円も損するところだったんです。

複数の業者に見積もりを取ることで安い業者を見つけることができました。

見積もりの手間を省くなら「スーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)」が便利です。

利用時間は1分程度で利用料は無料になります。

スーモは電話登録がありませんので迷惑電話がかかってくることはありません

引越し料金で損したくない方は是非こちらをご覧ください。

あなたに合った最安値の引越し業者を調べてみる(無料)

コメント