【まとめ】アート引越センターの不用品回収。処分できるものと処分できないものは?料金の相場は?

アート引越センターの基礎知識

引越しは、不要な家具や家電を処分する良い機会です。
不用品を処分して荷物を少なくすれば、引越し料金が安くなります。

引越し業者の中には、家具や家電などの不用品を引越し日に回収・処分するサービスを行っているところがあります。
引越し業者に回収してもらえば、引越し当日までその家具や家電を使用することができます。

しかし、大手引越し業者のアート引越センターは、一部の家電製品しか処分してくれません。
アート引越センターが処分してくれるのは、「家電リサイクル法」の対象家電である「エアコン・テレビ・冷蔵庫(冷凍庫)・洗濯機(乾燥機)」のみです。
それら以外の不用品は、事前に自分で処分しておく必要があります。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引っ越しのためにある引越し業者に見積もりを取ったら73,300円でした。

高いんじゃないかと思ってスーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)で試しに調べてみたら42,000円の業者を見つけることができました。

あやうく31,300円も損するところだったんです。

複数の業者に見積もりを取ることで安い業者を見つけることができました。

見積もりの手間を省くなら「スーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)」が便利です。

利用時間は1分程度で利用料は無料になります。

スーモは電話登録がありませんので迷惑電話がかかってくることはありません

引越し料金で損したくない方は是非こちらをご覧ください。

あなたに合った最安値の引越し業者を調べてみる(無料)

アート引越センターは家具などの不用品を基本的に回収していない

アート引越センターは、以前はさまざまな不用品を回収するサービスを行っていました。
しかし現在は、ホームページ上に不用品回収サービスに関する記載がありません。
基本的にアート引越センターは、一部の家電製品を除いて、不用品を回収してくれません。

ただし、地域によっては一部の家電製品以外の不用品を回収してくれる場合があります。
ネットの口コミでは、アート引越センターに不用品を回収してもらったという情報もあります。
引越し当日まで使用したい品物があり、当日にアート引越センターに回収してもらいたい場合は、処分してもらえないか見積もりの際に聞いてみるのもよいでしょう。

「家電リサイクル法」の対象家電は有料で処分してくれる

アート引越センターは不用品の回収を基本的に行っていませんが、「家電リサイクル法」の対象家電については有料で回収してくれます。

家電リサイクル法は、家電製品から有用な部品や材料をリサイクルし、廃棄物を減らして資源を有効活用するために定められた法律です。
家電リサイクル法の対象家電を処分する際には、所定のリサイクル料金を支払う必要があります。

エアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機が処分可能

家電リサイクル法の対象となる家電製品は、以下の通りです。

  • エアコン
  • テレビ(ブラウン管・液晶・プラズマ式)
  • 電気冷蔵庫及び電気冷凍庫
  • 電気洗濯機及び衣類乾燥機(電気式・ガス式両方)

以上の家電製品は「特定4品目」と呼ばれます。
特定4品目は、以前は自治体で粗大ごみとして回収・処分されていましたが、家電リサイクル法施行後は自治体で回収されなくなりました。
特定4品目は、購入した販売店などの電気屋に回収してもらうか、地域の指定引取場所に自分で持ち込んで処分してもらいます。
しかし、それらの家電は大きく重量があるため、処分に困る人が多いです。

アート引越センターは、特定4品目を引越しの際に回収・処分してくれます。
アート引越センターに依頼すれば、自分で処分する手間が省けます。
また、引越し当日までその家電製品を使用し続けることができます。

処分料金の相場

家電リサイクル法の対象である特定4品目を処分する際には、所定の「リサイクル料金」を支払う必要があります。
リサイクル料金は、家電の種類・大きさ・メーカーによって異なります。
家電の種類ごとのリサイクル料金は、以下の通りです。

家電の種類 リサイクル料金(税別)
エアコン 900円または1,890円
テレビ ブラウン管 1,200円-3,365円
液晶・プラズマ式 1,700円-3,415円
冷蔵庫・冷凍庫 3,400円-5,590円
洗濯機・衣類乾燥機 2,300円-2,965円

アート引越センターに回収してもらう際には、以上のリサイクル料金に加えて、「回収・運搬費用」を支払う必要があります。
回収・運搬費用は「1,000円から3,000円程度」が一般的です。

以上の費用を合計すると、エアコンの場合は2,000円から5,000円程度、冷蔵庫の場合は5,000円から8,500円程度の処分料がかかる計算になります。
なお、エアコンの取り外しを依頼する場合は別途料金がかかります。

リサイクル料金は全国一律ですが、回収・運搬費用は地域によって異なる場合があります。
家電リサイクル法の対象家電をアート引越センターに回収してもらいたい場合は、見積もりの際に料金をしっかりと確認してください。

参照:リサイクル料金一覧表

家電の処分は見積もりの際に申し込んでおく

アート引越センターに冷蔵庫やテレビなどの特定4品目を処分してもらいたい場合は、見積もりの段階から依頼しておく必要があります。
トラックのスペースなどの都合もあるため、引越し日が近くなってから依頼しても回収してもらえない場合があります。

他の家電製品は基本的に処分してくれない

アート引越センターは、家電リサイクル法の対象家電以外の家電製品を基本的に処分してくれません。
パソコンや電子レンジなどの家電製品は、引越し前に自分で処分する必要があります。

引越し日までに処分できないと、引越し先まで運んでから処分することになります。
その場合、荷物が予定よりも増えて引越し料金が上がってしまうことがあります。
また、荷物が増えることでトラックに乗らなくなってしまうケースも考えられます。

アート引越センターは特定4品目以外の不用品を基本的に回収してくれないため、引越し前の不用品の処分は確実に行っておく必要があります。

不用品の処分に関するアート引越センターのサービス

アート引越センターは、一部の家電製品以外の不用品を回収してくれません。
しかし、不用品の処分や荷物の整理を助けてくれるサービスを提供しています。

シニアパック

シニアパックは、60歳以上の家族がいる世帯を対象とした引越しプランです。
シニアパックを利用すると、荷物の整理整頓に精通した「暮しの整理士」によるアドバイスを無料で受けることができます。

暮しの整理士は、自宅を訪問して不用品の処分に関する相談に乗ってくれます。
歳をとると物が多くなって処分に困る人が多いですが、シニアパックを利用すれば不用品の処分方法を詳しく教えてもらえます。

シニアパックは、通常の引越しプランと料金が基本的に変わりません。
60歳以上の家族がいる場合は、シニアパックを利用して不用品の処分方法についてのアドバイスを受けてみるとよいでしょう。

シニアパックについてはこちらの記事で詳しく解説しています

アートエプロンサービス

アートエプロンサービスは、プロのスタッフが部屋の整理整頓を行ってくれるサービスです。
引越し前にアートエプロンサービスを利用すれば、荷物の整理整頓を手伝ってくれます。
また、不用品の処分に関するアドバイスを受けることも可能です。

アートエプロンサービスについてはこちらの記事で詳しく解説しています>>

さいごに

アート引越センターは、基本的に不用品の回収を行っていません。
アート引越センターが引越しの際に回収してくれるのは、「家電リサイクル法」の対象家電である「エアコン・テレビ・冷蔵庫(冷凍庫)・洗濯機(乾燥機)」だけです。

それらの家電を処分してもらう際には、所定のリサイクル料金に加えて、回収・運搬費用がかかります。

アート引越センターは家具などの不用品を回収してくれないため、不用品がある場合は自分で引越し日までに処分しておく必要があります。
大きな家具は処分に手間がかかるため、不用品の処分は早めに行うようにしましょう。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引っ越しのためにある引越し業者に見積もりを取ったら73,300円でした。

高いんじゃないかと思ってスーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)で試しに調べてみたら42,000円の業者を見つけることができました。

あやうく31,300円も損するところだったんです。

複数の業者に見積もりを取ることで安い業者を見つけることができました。

見積もりの手間を省くなら「スーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)」が便利です。

利用時間は1分程度で利用料は無料になります。

スーモは電話登録がありませんので迷惑電話がかかってくることはありません

引越し料金で損したくない方は是非こちらをご覧ください。

あなたに合った最安値の引越し業者を調べてみる(無料)

コメント