アート引越センターの食器ケースとは?使い方を解説

アート引越センターの基礎知識

「アート引越センターに食器ケースってあるけど何なの?」

なんて疑問はありませんか?

アート引越センターにはエコ楽ボックスという独自の梱包資材があります。

食器ケースはそのエコ楽ボックスの一つで食器を梱包するエコ梱包材になります。

この記事では、

  • 食器ケースにはどんな食器を入れることができるの
  • 食器ケースはどうすれば借りることができるのか
  • 食器ケースを借りるには費用がかかるの
  • 食器ケースの使い方
  • 食器ケースを借りる時の注意点

などについて詳しく解説します。

エコ楽ボックスを利用するか悩んでいる方は是非、ご覧ください。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引っ越しのためにある引越し業者に見積もりを取ったら73,300円でした。

高いんじゃないかと思ってスーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)で試しに調べてみたら42,000円の業者を見つけることができました。

あやうく31,300円も損するところだったんです。

複数の業者に見積もりを取ることで安い業者を見つけることができました。

見積もりの手間を省くなら「スーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)」が便利です。

利用時間は1分程度で利用料は無料になります。

スーモは電話登録がありませんので迷惑電話がかかってくることはありません

引越し料金で損したくない方は是非こちらをご覧ください。

あなたに合った最安値の引越し業者を調べてみる(無料)

アート引越センターの食器ケースとは?

アート引越センターの食器ケースとはアート引越センターオリジナルの梱包資材「エコ楽ボックス」の中の一つです。

エコ楽ボックスとはプラスチックでできたリユース可能なボックスのことです。

荷造りの際にボックスに直接荷物を入れてダンボールや緩衝材を必要とせず、環境的にも費用面でもエコな梱包資材になっています。

通常食器を梱包するときは新聞紙や緩衝材で包んでダンボールに入れますが、エコ楽ボックスは外側がプラスチックケース、中の仕切りがポリプロピレン素材でできており緩衝材の役割になっています。

そのため食器ケースを利用すれば緩衝材に包まずそのまま食器を入れるだけで済みます。

食器ケースにはどんな食器を入れることができるの?

食器ケースは平たい大皿から小皿、厚みのあるカレー皿・マグカップなど様々な種類を入れることができます。

お皿の大きさや種類に合わせた梱包用の仕切りケースが11種類用意されており、以下の種類の食器を入れれる仕切りがあります。

  • コップ(大・小)
  • 小皿(大・小)
  • 中皿(大・小)
  • 大皿(大・小)
  • マグカップ
  • どんぶり鉢
  • フリー

これらの種類が入る仕切りを組み合わせて箱に詰める仕組みになっています。

食器ケースがどれくらいの大きさで何枚くらいお皿が入るの?

食器ケースの大きさは幅530mm×高さ325mm×奥行346mmの大きさになっており、アート引越センターのダンボール小と同じ量の食器を入れることができます。

組み合わせにもよりますが、一つの箱に20枚から30枚程度の食器が入ります。

一人暮らしの食器であればエコ楽ボックスひとつあれば十分に入ります。

最大で5箱レンタルすることができる

食器ケースは最大5箱までレンタルすることができます。

一箱におよそ20枚〜30枚程度入れることができるので、全部利用をすれば100枚〜150枚程度は入れることができます。

食器が極端に多いファミリーでない限りはレンタルできる分だけで食器をしまうことができるでしょう。

基本的には追加でレンタルすることができないので入り切らない分はダンボールに緩衝材で包んで入れるようになります。

食器ケースはどうすれば借りることができるの?

食器ケースはどのプランの方でもレンタルすることができます。

自分で梱包をするリーズナブルな基本コースでも食器ケースをレンタルすることができるので荷造りの時間を大きく削減することができます。

引越の荷造りは緩衝材で包む必要のある食器の梱包に時間を多く割いてしまいがちですが、食器の梱包をしないだけで負担がかなり減ります。

食器ケースを借りるには費用がかかるの?

食器ケースを借りる費用はかかりません。

アート引越センターでは他にも梱包の手間を削減するエコ楽ボックスがありますが、全て無料でレンタルすることができます。

レンタルの個数制限があるので荷物が多い場合は自分で一部梱包をする必要がありますが、多くの家庭で賄える数量を貸してくれます。

レンタルはいつできるの?

食器ケースのレンタルは基本的には引越当日になります。

当日に作業員の方が持ってきてくれ、そこに自分で梱包をします。

荷物の量や他の顧客の引越し状況でボックスが余っている場合は、数日前に送ってくれ前もって梱包の準備ができる場合があります。

いつレンタルができるかは見積もり時に営業の方に確認するようにしましょう。

食器ケースはいつ返すの?

食器ケース含め、アート引越センターでレンタルできるエコ楽ボックスは引越し当日に返却をします。

当日にそのまま荷解きをすることは大変かと思いますが、エコ楽ボックスは緩衝材やテープなどを使っていないので、箱を開けてそのまま出して食器棚へしまうだけで済みます。

荷解きの時間もほとんどかからないことも食器ケースを利用するメリットです。

食器ケースの使い方

エコ楽ボックスの食器ケースの使い方は非常に簡単です。

食器ケースのセットとして

  • 折り畳み式プラスチックケース
  • 11種類の仕切り

となっており最大5ケース・仕切り17枚がレンタルできます。

食器ケースと仕切りは折り畳み式になっており、畳んであるケースを開くだけで簡単に組み立てることができます。

そしてポリプロピレン素材の仕切りを開いて中に入れ、仕切りのサイズに合わせた食器を入れるだけです。

小皿やコップなど暑さがない仕切りを利用する場合は重ねて使用することができるのでたっぷり量が入ります。

こちらの動画も参考にしてみてください。

食器ケースで梱包する時は隙間を作らないようにする

食器ケースで梱包をするときの注意点は隙間を作らないようにすることです。

サイズに合わない食器ケースで梱包をしてしまうと食器が動いてしまって搬送中に食器同士がぶつかり破損する可能性があります。

用意された仕切りのサイズと合わず、中で動いてしまう場合は仕切りの中に緩衝材や新聞紙を詰めて動かないようにしましょう。

どんぶりを重ねる場合は緩衝材付きの仕切りもある

食器ケースの仕切りにはどんぶり用の仕切りケースがあります。そのケースには重ねて入れられるように、緩衝材がついています。

どんぶりを重ねるときに一緒についている緩衝材を挟み込むことでどんぶりを固定し破損をしないようにできます。

このような細かな配慮があることでアート引越センターのサービスの質の高さを感じることができます。

食器ケースを借りる時の注意点

食器ケースを借りるときの注意点がいくつかあります。

  • シーズンや地域によっては日を跨ぐ引越の際はレンタルできない場合がある
  • 営業所によって在庫の数が違うので十分な数量をレンタルできない場合がある
  • 自分で梱包した食器で破損が発生した場合保証が出ない場合がある

このような注意点があるので見積もり時に確認をするようにしましょう。

食器ケースは在庫に限りがあるのでレンタルできない場合がある

エコ楽ボックスは在庫に限りがあり、レンタル状況によって在庫が少ない場合があります。

営業所によって在庫の数も異なり、繁忙シーズンではレンタルする顧客が多いと在庫がなくなってしまうケースがあります。

その場合、日を跨ぐ長距離の引越や繁忙時に申し込みが遅くなった場合、エコ楽ボックスのレンタルができない場合があります。

確実にレンタルしたい場合は早めに見積もりをし、在庫の確認をして申し込みをするようにしましょう。

引越業者の過失が無い食器の破損は保証の対象外になる

自分で食器ケースに梱包し、新居で開梱した際に業者の過失がなく食器が破損していた場合保証がない可能性があります。

食器ケースは他に食器も詰めているため、食器同士がぶつかり破損する場合があります。

  • 大事な食器は緩衝材でしっかり包んで別で梱包をする
  • 荷解きをする際はその場で食器の状態を確認する

これらの注意点を守りましょう。

後から破損に気づくほど業者の過失かがわからなくなるので保証が出ない可能性が高くなります。

まとめ

アート引越センターでレンタルできる食器ケースは荷造りの負担を大きく軽減できるアイテムです。

荷造りを楽にしたい方は利用するべき道具です。

この記事の内容をまとめると

  • 食器ケースを利用すれば緩衝材に包まずケースにそのまま入れるだけで済むので荷造りや荷解きが楽になる
  • 無料でレンタルができ、最大5箱まで借りれるので多くの家庭では食器ケースだけで賄える
  • 他の食器と一緒に入れるため、大事な食器は緩衝材でしっかり包んで別で梱包をすることがオススメ

アート引越センターでは食器ケースのほかにシューズボックスなど荷造りに便利なエコ楽ボックスをいくつか用意しているのでぜひ検討してみてください。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引っ越しのためにある引越し業者に見積もりを取ったら73,300円でした。

高いんじゃないかと思ってスーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)で試しに調べてみたら42,000円の業者を見つけることができました。

あやうく31,300円も損するところだったんです。

複数の業者に見積もりを取ることで安い業者を見つけることができました。

見積もりの手間を省くなら「スーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)」が便利です。

利用時間は1分程度で利用料は無料になります。

スーモは電話登録がありませんので迷惑電話がかかってくることはありません

引越し料金で損したくない方は是非こちらをご覧ください。

あなたに合った最安値の引越し業者を調べてみる(無料)

コメント